アルバイトと育児や炊事洗濯の両立をすることが非常に難しくなったため、働く日数を週に2回に減らしました。

夜間のコンビニでアルバイトを始めた私の働き方について
夜間のコンビニでアルバイトを始めた私の働き方について

夜間のコンビニでアルバイトを始めた私の働き方について

夜間のコンビニでアルバイトを始めた私の働き方について
私は子供が生後半年の月齢を迎えたことによって、夜間のコンビニでアルバイトを始めましたが、最初の頃は仕事を覚えるために週に5回ぐらいのペースで仕事に従事する生活を送っていましたが、育児と炊事洗濯の両立することが非常に難しく感じるようになったため、現在週に2回ぐらいのペースで仕事に従事する生活を送るようになりました。夜間の間アルバイトをすることにより、日中の間子供と一緒に過ごしていると自然に眠気が襲ってきたり、体に倦怠感を感じるようになったため、仕事をセーブしたいと思うようになりました。

仕事を始めたばかりの頃は、仕事を覚えたいという思いと緊張感によって私の体を支えることができた気がしますが、仕事を少しずつ覚え1人で一人前に仕事に従事することができるようになったという心の余裕が私の何処かに潜んでいたことにより、私自身緊張感を保つことが難しくなってきました。週に5回ぐらいのペースで働いていた頃に子供の夜泣きと重なってしまい、主人が寝不足になってしまうことが度々あったため、私にとって週に2回ぐらいのペースでアルバイトをする働き方現時点で一番ベストだと思うようになりました。現在は基本的にアルバイトに出勤する日は主人の休みの日が非常に多いため、主人に負担をかける機会が非常に少なくなり、私自身安心して仕事に従事できるようになりました。

Copyright (C)2015夜間のコンビニでアルバイトを始めた私の働き方について.All rights reserved.